メル友を募集して出会いに繋げる

 

メル友とメールを交換していると、直接会いたいと思うはずです。
しかし、女性はメールを交換していてもすぐにそんな気持ちが出てくるわけではありません。
メールの交換だと時間がある時に出来るのですが、直接会う場合は時間を合わせる必要があります。

 

そのため、面倒だと思ってしまう人もいるのです。
それでも女性と会いたいと思うのであれば、信頼してもらうのが一番です。
メールを交換している時に女性の気持ちを考えて、興味を惹きつけるようにするのです。

 

相手に信頼してもらう事が出来なければ、直接会う事も出来ないと思います。
どうしてかというと、そんなに簡単に時間を合わせられるわけではありませんから。

 

相手の女性は家事や仕事の合間を縫って会うことになるのです。
そのため、時間を調整してまで会いたいと思わせなければいけないのです。

 

メル友が会いたいと言っても、興味がなければ会いたくならないと思います。
つまり、交換しているメールがとても重要な役割を果たしているのです。

 

メールを交換しているということはお互いに相手のメールを読んでいるということですので、
自然に相手の性格や雰囲気をつかむことができますので、それでお互いを知っていくのです。

 

やり取りが増えていくと女性の警戒心が薄くなりますので、あなたに興味を持つかもしれません。
女性は出来るだけ頻繁にコミュニケーションをとってあげると警戒しなくなります。

 

時間と警戒心は関連していますので、メールの回数が関わってくるでしょう。
そのため、メールは送ればいいという単純なことではありません。
どうせ同じメールを送るのですから、女性の立場に立って内容を考えるようにしましょう。

 

 

まずは信頼関係を作り上げましょう


メル友に信頼してもらうようになるためには、メールを交換するのが一番です。
2人はメル友ということで、メールでしか繋がっていませんからね。

 

そのため、頻繁にメールのやり取りをして信頼してもらうように努力するのです。
また、メールを交換しているとメル友と会いたくなることもあるかもしれませんが、
だからと言って焦ってメールにそれを書いてしまうのはいけません。
女性はどんな人なのかも知らない相手と直接会ったりはしません。

 

そのため、知り合って間もないのに会いたいと言ってしまうと女性は冷めてしまいます。
どうしても自分の気持ちを伝えたいという場合は、軽いノリで言ってみると良いでしょう。
「メールのやり取りをしていて君に会いたくなった」と言った感じではなく、
「たまたま会える機会があったらビックリだね」という風に言うのです。

 

出来るだけさりげなく自分の気持ちを分かってもらうようにするという事がポイントです。
始めからメル友を求めていた人は、相手と直接会うことなど考えていません。

 

メル友を探していたわけですので、メールのやり取りをするだけで満足しているでしょう。
相手がそういった気持ですので、こちらが会いたくなったからと言ってその気持ちをすぐに伝えるのは正しくないのです。

 

もしかしたらみなさんもメル友に会いたいと思うかもしれませんが、それからメールを交換して
相手にも同じ気持ちになってもらうようにした方がよいでしょう。
警戒心を解く事ができれば、相手もあなたに会いたいと思うようになるでしょう。